更年期障害の症状チェックと改善方法

やっぱり私の不調、更年期症状だったんだ…。

 

更年期障害症状

 

もうすぐ40代半ばになる私は、いよいよ「更年期」という新たなライフステージへ足を踏み入れているようです。
ここ最近は、生理周期が短くなるなどの月経不順や、疲れやすい、イライラするなどの不調が現れていました。
私はもともとPMSの症状があり、生理前にイライラするのは毎度のことでしたが、近頃は生理周期に関係なくイライラする自分にも気づくようになりました。

 

「何だろう…?もしかして更年期?」
自分の体に起きている変化が心配になった私は、10歳年上のママ友達に相談してみました。
すると、
「それは更年期症状の可能性が高いね」
と言われました。
その友達もやはり、40代半ば頃から更年期症状が出たそうですが、今ではかなり落ち着いているとのことでした。
友達の話では、更年期を乗り切るには、病院での治療や、食生活の改善、運動、サプリなど色々な対策があるそうです。
でも、何よりもまずは、
「更年期や女性ホルモンについてきちんと理解しておくことで、対策がしやすくなる」
とアドバイスをもらいました。
ここからは、一生役立つ更年期と女性ホルモンの基礎知識を見ていきましょう。

更年期障害症状とはそもそも何?

更年期障害症状とはそもそも何?
女性の更年期とはいつのことを指すのでしょうか?
女性の更年期は、閉経を挟む前後10年間をいいます。
日本女性の閉経の平均年齢は50歳なので、おおむね45歳から55歳までが更年期となります。
しかし、閉経年齢には個人差があり、40歳くらいで閉経する人もいれば、60歳くらいで閉経する人もいます。

 

更年期には女性ホルモンが急激に減少するため、ホルモンの分泌を司令する脳と、実際にホルモンを分泌する卵巣との連携がうまくいかなくなり、様々な症状が出ると考えられています。

 

また、一般的に女性ホルモンが急激に減少するのは40代半ば頃からですが、徐々に女性ホルモンの量が減り始めるのは30代後半頃からです。
そのため、30代後半になると更年期に近い症状が出やすくなります。
まだ更年期ではないけれど、更年期の予備軍といった状態ですね。
そして、1年以上生理がないと閉経とみなされます。

 

こうしてみると、更年期に関連する症状が出るのは10年かそれ以上の長いスパンであることが分かりますね。
だからこそ、必要な知識を身につけて上手に乗り切ることが大切なのです。

 

更年期について、知るのが早過ぎるということはありません。
女性は本格的な更年期が始まる前の20代、30代のうちから知っておくと、更年期への対処がしやすくなると思います。

更年期障害症状トップ10【日本人女性】

更年期障害症状トップ10
更年期は長い付き合いになるだけに、具体的な症状も気になりますよね?
ここでは、更年期外来を受診した日本女性の更年期症状を、多いものから見てみましょう。

 

1位 疲れやすい、だるい
2位 肩こり
3位 物忘れ
4位 神経過敏
5位 発汗

6位 冷え
7位 腰痛
8位 イライラ
9位 自分への不安感
10位 ホットフラッシュ

 

日本女性は更年期に疲れやすいと感じることがもっとも多いようです。
他にも、不安やうつ、記憶力の低下、不眠、吐き気など、心身のさまざまな症状があります。
ところでこうした症状は、PMSとも似ていますよね?
見分け方のひとつとして、PMSは生理前に症状が出現しやすいのに対し、更年期症状は生理周期とは関係なく症状が出現する、ということが挙げられます。

更年期障害症状かも?簡単セルフチェックリスト

更年期障害症状チェックリスト
続いては、更年期症状の可能性を調べるチェックリストを見てみましょう。
●に1つ以上当てはまり、かつ◯に1つ以上当てはまる人は更年期症状の可能性があります。

 

あくまで可能性があるということなので、ひとつの目安としてチェックしてください。

 

●40歳以上である
●1年以上生理が来ていない
◯生理周期が以前と比べて変わってきた
◯経血量が増えた、もしくは減った
◯よく眠れない
◯イライラすることが多い
◯うつ気分や不安感、焦燥感がある
◯肩こりがひどくなった
◯腰痛がひどくなった
◯疲れやすくなった、やる気がでない
◯のぼせや発汗がある
◯頭痛やめまいがある

更年期障害症状の予防・改善方法

「更年期をできるだけ健康に過ごしたい」というのは誰もが思うことです。
続いては、更年期症状の予防・改善方法を見てみましょう。

 

病院での治療を受ける

病院での治療は、ホルモン補充療法と漢方薬での治療が主流となります。
ホルモン補充療法には、飲み薬、塗り薬、貼りつけ剤の3つのタイプがあります。

 

食生活を改善する

大豆製品には、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用があると考えられています。
豆腐、納豆、味噌、豆乳など、大豆製品を積極的に食べると良いと言われています。

 

適度な運動習慣をもつ

更年期症状には自律神経の乱れが影響していると考えられています。自律神経を安定させるためにも、適度な運動を習慣にすることも良い方法です。

サプリメントを活用する

更年期症状を予防・改善するにはサプリメントを摂るという方法もあります。
おすすめは、韓国産の高麗人参を100%使用した「高麗美人」です。
高麗人参には「サポニン」という成分が豊富に含まれていて、女性ホルモンの減少を穏やかにする作用があると言われています。

 

また、人参は古くから漢方薬にも使われてきた生薬で、血行を良くする作用もあります。そのため、冷え症の改善にもおすすめです。
高麗美人は、定期コースにした場合、30日間の返金保証もついているので、初めての人にも安心です。

 

尚、サプリメントと病院での治療を並行して行いたい場合は、サプリメントを服用する前に医師に確認を取るようにして下さい。

 

更年期障害症状が出やすい人の特徴

更年期障害症状が出やすい人の特徴
「ホルモンケア推進プロジェクト」の調査(2014年)によると、女性の半数以上が更年期を「つらかった」と答えています。
多くの女性がつらさを経験しているわけですが、中には「つらくなかった」という女性も。この違いは何でしょうか?

 

アメリカの研究では、PMSの症状があった人は、なかった人に比べて更年期症状が出やすいという報告もあります。
PMSは、毎月の女性ホルモンの変動が原因で起こると考えられています。
女性ホルモンの変動が原因という点では、PMSも更年期症状も共通しています。
PMSの症状がある人は、早めに更年期症状の予防に努めるのも良いかもしれませんね。

長い更年期をホルモンケアで健やかに過ごそう

更年期をホルモンケア
今回、私は女性ホルモンや更年期について学ぶことで、更年期症状の原因や、日常生活に取り入れられるセルフケアの方法が分かり、更年期への不安がとても小さくなりました。

 

食事や運動、サプリの活用など、自分でできるケアがあることも分かったので、これからもセルフケアを続けて行こうと思っています。
特にサプリは忙しい時でも手軽に続けられるので、長い更年期を乗り切るサポーターになってくれると期待しています。

 

日本女性はアメリカなどに比べて婦人科を受診する人が少ないようですが、更年期や女性ホルモンについての悩みを気軽に相談できるかかりつけ医も見つけました。
これからは、加齢に伴う体の変化ときちんと向き合うことで、更年期と前向きに付き合っていけそうです!

 

こうした女性の更年期については、まずは私たち女性自身が正しい知識を持つことが大切です。
その上で、パートナーの男性や職場の男性など、周囲の人達や社会全体での理解をもっと深めていけたらいいなと思います。